パーフェクトグローブ・エリートvol.1
パーフェクトグローブの最新モデルが入荷しました!

パーフェクトグローブは音声で様々な情報を聞くことが出来るとても人気の地球儀ですが、この最新モデル『エリート』にはさらに3.5インチ液晶画面が付いてさらに画像でも表示されるようになりました。
お子様に人気の国旗の表示や、首相や大統領の写真も見ることができます!

SE12.jpg

進化した情報満載の『エリート』は大人でも十分楽しめる内容となっています。
近々店頭での展示も予定していますのでお楽しみに!

☆入荷はしておりますのですぐのご用意も致します。

お問い合わせ:地球儀専門店
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
シルバーウィーク・営業日のお知らせ
9月の連休・シルバーウィークの営業時間

9月19日(土) 10:00~18:00

9月20日(日) 10:00~17:00
9月21日(月) 10:00~17:00
9月22日(火) 10:00~17:00
9月23日(水) 10:00~17:00


日曜・祝日は17時までです。
23日(水)も営業しております。

皆様のご来店をお待ちしております。

固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
コロナミニ地球儀
ミニ地球儀の新作が入荷しました!

--- コロナミニ ---
nendoのデザイナーズ地球儀

コロナ1.jpg

先日ご紹介したコロナの卓上用ミニタイプです。
小さすぎず、大きすぎず本当に卓上にちょうど良い大きさ。
世界的にも有名なデザイナー佐藤オオキ氏作。
目に留まるとついつい見入ってしまう地球儀、手に届く場所に置いていつも地球を感じられます。
身近な場所に置くものは、デザインにもこだわりたいですよね。
オシャレなデザイナーズ地球儀はプレゼントにもセンスが光ります。

---------------
コロナミニ地球儀
球径:15cm
高さ:21.5cm
価格:4,725円
お問い合わせは地球儀専門店まで

まさにコロナを置きたくなるような建築などもデザインされているnendoのHPはこちら

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
コロナ地球儀
新作が入荷しました!

--- コロナ ---
nendoのデザイナーズ地球儀

コロナ2.jpg

コロナ4.jpg

とてもスタイリッシュ。
世界的にも有名なデザイナー佐藤オオキ氏作。
今ある部屋に合わせるというよりも、この地球儀に合う部屋を考えたくなるようなそんな存在感のある地球儀です。

よく、地球儀を選ぶポイントは?と質問される事があります。
それはやはり個人個人のニーズによって様々ですから一概に断定できませんが、こういったデザイナーズ物の場合は、自分の感性に響いた瞬間、言葉に表現しがたい感動があります。
他にないデザインであったり、配色であったりが感性に響いた地球儀は地図はシンプルであっても特別な存在になるのだろうなと思わせる存在感のある地球儀です。

---------------
コロナ地球儀
球径:26cm
高さ:110.5cm
価格:21,000円
お問い合わせは地球儀専門店まで

まさにコロナを置きたくなるような建築などもデザインされているnendoのHPはこちら

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ラ・メール火山
今日はラ・メール地球儀の火山を中心に見てみます。

赤いが火山のしるしです。
インドネシアの島々はほとんどが火山でできています。
こうやってしるしがあるとよく分かりますが、火山が綺麗に並んでいます。
ラメール火山4.jpg

ぐるっと地球儀を遠くから眺めるとほとんど火山の無いところもあります。
ラメール火山2.jpg
地球儀を良く見ると、エベレスト(チョモランマ)標高8848mと書いてあります。
ここは火山ではなく隆起した地形がどんどん大きくなって高い山脈となっています。

またちょっと離れてみると、太平洋の周りはぐるっと火山で囲まれているのが分かります。
日本の周辺など特に起伏に富んだ、火山のたくさんある地域です。
ラメール火山1.jpg
シベリアのあたりをまわって、太平洋の向こう側、メキシコ、そして南極までぐるっと火山。
ラメール火山5.jpg
ちょっと海を見るとトラフという名前が。
トラフは細長い海底盆地で、深さが6000m以下のもの。丸いと海盆・6000m以上だと海溝となります。日本の周りは海溝だらけです。

ラメール火山3.jpg

ちょっとちがう視点で見入ってしまうこちらの地球儀。
ラ・メール詳細はこちらからどうぞ!
モバイルサイトはこちらです。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する